×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る

程遠志(ていえんし)

軍大将(ぞくぐんたいしょう)
宗教集団「黄巾党(こうきんとう)」の大将
黄巾の乱発生時副将ケ茂(とうも)と共に
琢郡へと5万の軍勢で攻めた。
その時大興山(たいこうざん)で劉備の軍と激突した。
しかし、劉備の挑発に乗りケ茂(とうも)を張飛に殺され、
張飛に打ちかかるところを関羽の
なぎなた青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)で
真っ二つになった。
字名 不明
生年 不明
没年 184年
誕生地 不明
両親 不明
兄弟 不明
妻子 不明


主要参考文献
三国志演義(羅貫中)